· 

無題

 

昨日葛西臨海公園に行きました。
人がたくさんいるところに行く元気はないけど、
外に出かけたい気分のとき、
行くところな気がします(私にとっては)
そういうときに行く場所は水族館ではなくて、
公園の端っこの、小さな砂浜があるところ。

 

 

そんなにしょっちゅうは行かないけど、
時々行きたくなる好きな場所。

 

 

海は、砂浜は、

はてしなく何もないように感じさせる。

それでいて、本当はたくさんのものの集まり。

 

 

 

景色としての海よりも、海の中に入るよりも
砂浜を歩くことが好きなんだって気がついた。
少しだけ歩きにくい、やわらかい砂の上を歩く。
波の音を聞きながら。
波の音は呼吸を思わせる。泡は呼吸を思わせる。
生きている。それだけがどこまでもあるように思える。